共有相続のトラブル

相続借地権を相続する際には分割することも可能です。複数名義によって借地権を相続できるのです。しかし、これでは後でトラブルに発展することが多いです。借地権というのは分割できるものではありません。それなのに地代や更新料といった支払いは常に発生します。そのため、相続をする際にはトラブルが起きやすいのです。それぞれの意見が食い違う可能性があるからです。相続をした家に住みたいという方もいれば、借地権を売却したいという方もいるでしょう。あるいは借家にして家賃収入を得たいという方もいるかもしれません。いろいろな意見が出てきてしまうのです。それを話し合いで解決できるならば良いのですが、なかなか上手くいかないことが多いでしょう。それによって肉親同士が争うことになるケースもあります。

また、たとえば3人兄弟で相続した場合に、その中の誰かが亡くなってしまうとさらに相続人が増えてしまいます。これではどんどん管理が難しくなってくるでしょう。二次相続によるトラブルが生じる可能性があるのです。もし売却をしたり、建て替えたい場合には共有名義者全員が同意しなければいけません。また、全員が税金を支払う義務があります。

このような問題を解決するならば、借地権については単独相続をした方が良いでしょう。