借地権のトラブル

借地権というのはいろいろなトラブルが生じることが多いです。そもそも、借地権というのは土地を利用する権利のことです。地主から借地権を買い取ることによって、その土地に実際に建物を建てて利用できるようになるのです。その際には地代を地主に支払うことになります。

借地権借地権は自由に売買できるわけではありません。たとえば借地権を売却する際には地主の承諾を得る必要があるのです。土地を利用する権利である借地権を持っていたとしても、何でも自由にできるというわけではないのです。そのため、地主との間でトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。たとえば地主に承諾をしないで借地権を売却してしまったというケースもあるのです。これが発覚すると、あとで地主からクレームを入れられてしまい、借地権を取り上げられてしまう可能性もあるのです。この場合は裁判になることもあります。

また、借地権は相続できるものです。相続に関連していろいろなトラブルが生じてしまうことがあるため気をつけましょう。相続をしたあとも地主とは良好な関係を築かなければいけません。しかし、それに失敗してしまうこともあるのです。また、相続人が複数存在する場合にもトラブルが発生することがあるでしょう。

こちらではこのようにややこしい借地権の相続のトラブルについて解説しましょう。借地権の相続はどのように行われるのか、どのようなトラブルがあるのかを解説します。借地権の相続について関心のある方は参考にしてください。