借地権の相続

まず、借地権というのは相続の対象となります。これには地主の承諾は必要ありません。遺言や遺産分割協議の結果として、普通の相続財産と同じように扱われるのです。相続人が継承することになります。また、相続税の対象にもなるため注意しましょう。

契約もし借地権を相続したならば、地主との借地契約についてしっかりと確認しておきましょう。契約者が被相続人となっているならば、新しく契約書を締結しなければいけません。そうしないとトラブルの原因となってしまいます。また、借地上にある建物の登記もチェックしてください。登記が被相続人になっているならば変更しなければいけません。ただし、相続前のままになっていることもあります。また、共有で登記されているケースもあるため注意しましょう。

借地権を相続したときに地主の方から名義変更料を請求されることがあります。これは支払わなければいけないと考えてしまう方が多いのですが、実際には不要です。相続というのは譲渡には該当しないためです。勘違いしないようにしましょう。借地権を相続すると、これまでに被相続人が支払っていたものも相続人が継承することになります。たとえば建替承諾料や更新料といったものを支払うことになるため気をつけましょう。