共有相続のトラブル

相続借地権を相続する際には分割することも可能です。複数名義によって借地権を相続できるのです。しかし、これでは後でトラブルに発展することが多いです。借地権というのは分割できるものではありません。それなのに地代や更新料といった支払いは常に発生します。そのため、相続をする際にはトラブルが起きやすいのです。それぞれの意見が食い違う可能性があるからです。相続をした家に住みたいという方もいれば、借地権を売却したいという方もいるでしょう。あるいは借家にして家賃収入を得たいという方もいるかもしれません。いろいろな意見が出てきてしまうのです。それを話し合いで解決できるならば良いのですが、なかなか上手くいかないことが多いでしょう。それによって肉親同士が争うことになるケースもあります。

また、たとえば3人兄弟で相続した場合に、その中の誰かが亡くなってしまうとさらに相続人が増えてしまいます。これではどんどん管理が難しくなってくるでしょう。二次相続によるトラブルが生じる可能性があるのです。もし売却をしたり、建て替えたい場合には共有名義者全員が同意しなければいけません。また、全員が税金を支払う義務があります。

このような問題を解決するならば、借地権については単独相続をした方が良いでしょう。

底地取扱店への相談

借地権の相続の問題について困っているならば、底地取扱店に相談をしましょう。底地というのは借地権のある土地のことです。このような土地を専門的に取り扱っている業者のことを底地取扱店といいます。

底地取扱店であれば、底地に関するさまざまな悩みに応えています。借地権者や地主に対してサービスを提供しているのです。借地権の売買について仲介してくれるでしょう。たとえば、借地権を相続したけれども、それを売りたいというときには、力になってくれるのです。借地権を買ってくれる人を探してくれるでしょう。また、その際に地主との交渉を代行してくれます。地主と交渉を上手く進める自信がないという方は多いでしょう。そんなときには底地取扱店を頼れば良いのです。そうすればできるだけトラブルが発生しないように取り計らってくれます。

底地取扱店では無料で相談を受け付けてくれるところが多いでしょう。とりあえず悩み事があるならば気軽に問い合わせをしてみることをおすすめします。そうすればしっかりと対応してくれるでしょう。底地に関するさまざまな悩みにしっかりと応えてくれるのです。専門の業者が関わることによって、トラブルを未然に防ぐことができるのです。

借地権の相続

まず、借地権というのは相続の対象となります。これには地主の承諾は必要ありません。遺言や遺産分割協議の結果として、普通の相続財産と同じように扱われるのです。相続人が継承することになります。また、相続税の対象にもなるため注意しましょう。

契約もし借地権を相続したならば、地主との借地契約についてしっかりと確認しておきましょう。契約者が被相続人となっているならば、新しく契約書を締結しなければいけません。そうしないとトラブルの原因となってしまいます。また、借地上にある建物の登記もチェックしてください。登記が被相続人になっているならば変更しなければいけません。ただし、相続前のままになっていることもあります。また、共有で登記されているケースもあるため注意しましょう。

借地権を相続したときに地主の方から名義変更料を請求されることがあります。これは支払わなければいけないと考えてしまう方が多いのですが、実際には不要です。相続というのは譲渡には該当しないためです。勘違いしないようにしましょう。借地権を相続すると、これまでに被相続人が支払っていたものも相続人が継承することになります。たとえば建替承諾料や更新料といったものを支払うことになるため気をつけましょう。

借地権のトラブル

借地権というのはいろいろなトラブルが生じることが多いです。そもそも、借地権というのは土地を利用する権利のことです。地主から借地権を買い取ることによって、その土地に実際に建物を建てて利用できるようになるのです。その際には地代を地主に支払うことになります。

借地権借地権は自由に売買できるわけではありません。たとえば借地権を売却する際には地主の承諾を得る必要があるのです。土地を利用する権利である借地権を持っていたとしても、何でも自由にできるというわけではないのです。そのため、地主との間でトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。たとえば地主に承諾をしないで借地権を売却してしまったというケースもあるのです。これが発覚すると、あとで地主からクレームを入れられてしまい、借地権を取り上げられてしまう可能性もあるのです。この場合は裁判になることもあります。

また、借地権は相続できるものです。相続に関連していろいろなトラブルが生じてしまうことがあるため気をつけましょう。相続をしたあとも地主とは良好な関係を築かなければいけません。しかし、それに失敗してしまうこともあるのです。また、相続人が複数存在する場合にもトラブルが発生することがあるでしょう。

こちらではこのようにややこしい借地権の相続のトラブルについて解説しましょう。借地権の相続はどのように行われるのか、どのようなトラブルがあるのかを解説します。借地権の相続について関心のある方は参考にしてください。